日本の仏塔 日本 仏塔 長谷川周 アジア 仏塔 長谷川周 インド 仏塔 写真家 長谷川周 日本の仏塔
アジアの仏塔 アジアの仏塔
日本とアジアの仏塔
日本とアジアの仏塔 トップへ 日本とアジアの仏塔 アミューズメント 日本とアジアの仏塔 コンテンツ 日本とアジアの仏塔 プロフィール 日本とアジアの仏塔 日本とアジアの仏塔 お問い合わせ

仏塔の起源と流布

 仏塔とは、インド・サンチーの地に、紀元前3世紀中頃、インドで最初の統一王朝となったマウリヤ王朝の第三世、アショカ王によって造塔されたとされる釈迦の御骨「仏舎利」を納めたサーンチー第1塔(ストゥーパ)に見られる円形の基墳の上に土饅頭形の墳丘を築き、頂上に平頭と貴人を示す傘蓋を立てた姿であり、此の形が仏塔の原型と考えられている。
しかし、荼毘に付された釈迦の御骨(舎利)は当初マダカ王国をはじめ釈尊に縁のあった八つの部族・地域に分骨され、8つの舎利塔(8分起塔)に埋葬されたのだが、仏塔は「この偉大なる偉人を崇めよ」というのが墳墓の標として仏塔の最初の意味であり、この8分起塔こそが、仏舎利を退蔵した仏塔の原点といえよう。後に仏舎利はマウリヤ朝のアショカ王(紀元前3世紀)によって掘り起こされさらに分骨され、インド全域に8万4千基以上もの仏舎利を胎蔵した仏塔(ストゥーパ)が造立され、仏舎利崇拝にともなう仏教宣布となり、仏教信仰は画期的な普及となる。
仏教宣布とともに仏舎利を胎蔵したストゥーパは基壇部分を垂直に高くする方法と、雛壇式に高くする方法の二者とともに、土饅頭型の伏鉢は肩がなだらかな伏鉢に、その上の平頭と傘を高く造るような変化が起き、基壇を垂直に高くする方法は西インドから西域を経て中国に伝わった北方仏教ルート、雛壇方式は南インドからセイロン・東南アジアに伝わった南方仏教ルートに見られ、それぞれの地理的環境・資材・信仰形態などにより諸種の塔が造形されてきたのである。

北方仏教ルート
 中部インドのストゥーパ型式が、古代インドのガンダーラ地方において、基壇を方形平面、または砲弾形(円柱で上部円錐形)に垂直に高くし上部にストゥーパを載せた形の塔建築となり、これが西インドから中央アジア(シルクロード)を経て中国に伝わった過程の中で、伏鉢部分が退化し小型化したストゥーパと中国の楼閣建築とが結びつき、楼閣建築の頂上に小型化したストゥーパを載せた中国形式の仏塔が誕生するのだが、中国形式の仏塔が何時頃出現したのかは明確ではない。

*南方仏教ルート
 紀元前243年スリランカ(旧セイロン)へ、アショカ王の息子マヒンダと娘サンガミッターによって仏教が伝えられ、スリランカ(旧セイロン)各地に仏舎利を胎蔵した墳丘(伏鉢)の頂上に平頭と傘藍が円錐柱に変化した巨大なスリランカ様式ストゥーパが作られた。
このスタイルが南方仏教ルートの仏塔の基本形となり、スリランカ(旧セイロン)を起点とする海のシルクロードに乗り、ミヤンマー(旧ビルマ)、タイに上陸したスリランカ様式ストゥーパは、基壇部分を雛壇式に高くし、肩がなだらかな伏鉢の上に平頭と円錐柱の傘を一体化し高くした、釣り鐘スタイルのセイロン様式の仏塔や、カンボジアに多く見られるトウモロコシを直立させたようなクメール仏塔などが現れる。

 南インドからセイロンへ、そして、海のシルクロードに乗り(航海の無事を託した交易商人により)東南アジアに伝わり、さらに中国大陸に入り北方ルートと合流するのだが、それぞれの地理的環境・資材・信仰形態などにより諸種の塔が造形されたのである。
 


*このホームページ中の写真、文章の著作権は、すべて写真家・長谷川 周に帰属します。
  著作者に無断でサイトや印刷物などに無断で転載、修正使用など全ての転用・流用を禁止いたします。


Copyright, Makoto Hasegawa since 2001 All rights reserved.